子供を産む年齢


family

明治や大正の時代に女性が子どもを産む年齢は10代であることが多かったと言われています。 明治屋大正時代の初めて結婚する平均の初婚年齢は20代前後であると言われています。 この時代、男女における差別が多く女性は選挙権すら持っていませんでした。 女性が社会に関係することすら難しい時代でした。 戦後になると生活は一変し日本人の平均寿命も上がり、女性が社会で働くことも多くなりました。 戦後には初めて結婚する、初婚年齢も30歳前後にまで上昇しました。 この初婚年齢と現在問題となっている少子化とはとても因果関係があり、結婚する年齢が上がれば上がるほど、 子供を産む人数が減ってくるという調査があります。20~24歳で結婚した人は約2人の子ども、 35~39歳で結婚した人は子供は約1人だと言われています。 そして現在、働く女性は増えたものの子供を産みたいけれど年齢が原因で不妊となるケースが増えてきたと言います。 女性が子供を産む最適な年齢は20代後半だと言われています。 なかには20代であっても流産するケースや子供を授かりにくい体質の場合もあるので早めのチャレンジが求められます。

ビタミンD

女性であると日光を避けるために日焼け止めを塗ったり日傘をさしたりしてしまいがちです。 ビタミンDは日光に当たることで合成されます。ロシアなどでは日照不足でビタミンDが不足すると言われています。 どのくらい日光に浴びればよいかと言うと1週間に60分間をめやすとされています。

タンパク質

意外と食生活で不足して摂取するのが難しいのがたんぱく質です。 1日当たりの摂取量は男性で約60g、女性で約50gと言われています。 摂取したたんぱく質は体内でアミノ酸に分解され身体を構成する材料となります。 ツナ缶だと15g、たまごは1つは5gくらいです。 最近ではプロテインパウダーなども入手できるので積極的に取りたい栄養です。

menu
  • 記事ページへのリンク
  • 記事ページへのリンク